あー夏の空っていいよね、しかもそこを飛ぶなんて最高だね

天気も良くって絶好のお花見日和だってのに部屋に引きこもって本ばっか読んでたよ。

最近本読むいうたらマンガばっかで活字を読んでなかったので久々に何か読もう!思ったんですよ。
でもいきなり本格的なん読んでも100%挫折するからまずはライトノベルだよね、みたいな。
そんで最初はハルヒの原作に手出そうか思ったけど、書評サイトさんでオススメされてた↓が面白そうだったので購入。

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫)

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫)

アマゾンの内容紹介コピペ。↓

「美姫を守って単機敵中翔破、1万2千キロ。やれるかね?」レヴァーム皇国の傭兵飛空士シャルルは、そのあまりに荒唐無稽な指令に我が耳を疑う。
次期皇妃ファナは「光芒五里に及ぶ」美しさの少女。そのファナと自分のごとき流れ者が、ふたりきりで海上翔破の旅に出る!?
...圧倒的攻撃力の敵国戦闘機群がシャルルとファナのちいさな複座式水上偵察機サンタ・クルスに襲いかかる!
蒼天に積乱雲がたちのぼる夏の洋上にきらめいた、恋と空戦の物語。


まぁとにかくファナお嬢様が可愛くってシャルルがかっこよくって空戦が熱くってトキメキが一杯で面白かったです。
こう‥ページをめくる手が止まらん!というか。
シャルルとファナは狭い偵察機で空を飛んでるうちにだんだん惹かれあうんですが身分が違いすぎてもうもどかしさMAX。
あーもう、いいから、その飛行機でどっか遠く行っちゃいなよ!て何回思ったか‥!
そして手に汗にぎる空戦!ドキドキハラハラしすぎてちょっと疲れました。

あとステキすぎるエンディングもいいですねー。読み終わった後爽やかな気持ちになれるというか。
紅の豚とかラピュタとかICOとか好きな人には良いんじゃないかな!
1冊で完結するってのも手出しやすくって良いよね! うん、オススメ!

―――

てかなんてーか、ボクって感想書くの下手ですね! 語彙少ねー
これならアマゾンレビュー読めばええやんかって思った。
でもいいんだ‥書きたかったんだから! 終わり!

広告