ガトリング・ガン!!

 うだうだ〜っと絵描いたりしてた。うーん、なんかこうやる気がガツーンと来ないなぁ…だらだらやってたけどちゃんと集中してたん6時間も無いんじゃなかろうか。てかドロワーのイルカスレ描いてた時が一番集中してた気がする。どうして今描く必要の無い絵ってこう楽しいんだろう……


 あと変テコな夢見た。
 フォロワーさんが経営してる書店に行って、そこはアイマス関連の本がたくさんあって「ほうやりおるな」とか思って物色してたら昔ジャンプで連載してた(という設定の)サッカーマンガを見つけて立ち読み開始、いつの間にかマンガの登場人物の一人になってて、味方チームの試合を応援する事に。
 そしたら敵チームのゴツイヤツが本物のガトリングガンを掲げて『ガトリング・ガン!!』と叫んだので僕は『これはあのガトリングガンで相手チームを蹂躙して誰もいなくなったゴールにシュートを決める必殺技なのだな』と期待していたらあろう事かそのガトリングガンをグラウンドの隅っこに綺麗なケースにしまって普通にサッカーしだした。
 それにガッカリした僕は相手チームに抗議。『ではあなたたちの言う「ガトリングガン」とはまるでガトリングガンのように素早い連続攻撃でゴールを狙う、という意味であって、決してあのコートの隅で綺麗なケースにしまってあるガトリングガンでウチのチームを惨殺した後に無人のゴールにシュートを決める、という意味ではないのですね? なぁんだ……(´・ω・`)』とか言ってた。
 あと「ガトリング・ガン」対策の作戦練ってる味方二人が揉めてたので『よくわからんが二人とも間違っている!!』と説教した。何だこれ、何か不満でも溜まってんのかな……









 以前チラっと宣伝した百合アンソロ本、なんとまぁ124ページもあるそうです。そのウチ6ページが僕です。124ページもあるならもっと変なマンガにすれば良かったかなぁ…まぁ何にせよ完成が楽しみー。







 うおおおすげぇ、これ人力なのか…!すごい自然だな……

広告